中文|English|にほんご|お問い合わせこんにちは!ようこそお越しください三力金属機械製品(深セン)有限会社!
相談ホットライン:

0755-81770631

連絡します

電話:0755-81770631

住所:深セン宝安区沙井鎮新橋横崗下工業区青空科技園A3棟

オーダー・ホットライン:13510810256

あなたの場所:トップページ > ニュース > 業界ニュース > 本文業界ニュース

2019上半期の中国の工作機械工具業界の利益総額は小幅に下半期の市場需要を低減し、レベルアップ態勢を維持する見込みです。

ソース:更新日時:2020-04-14 14:02:11クリック回数:605次フォントサイズ:T | T

8月16日、中国工作機械工具工業協会によると、2019年上半期の工作機械工具業界と各主要分野の累計利益は前年同期比20.9%減少した。同時に、工作機械工具業界の輸出増加は上半期の業界運行の大きなハイライトとなっています。下半期は中国工作機械工具業界全体で需要の持続的なアップグレードが期待されます。

観研天下が発表した「2019年中国工作機械工具業界分析報告-市場運営現状と発展見通し評価」を参照してください。

2018年工作機械工具業界の規定上、企業の金属切削機の生産量は488610台で、同期比0.4%増加した。このうち、デジタル制御金属切削機の生産量は190642台で、同5.7%減少しました。金属成形機の生産量は23012台で、同11.1%減少しました。デジタル制御金属成形機の生産量は22653台で、同8.8%増加しました。

2019年上半期の中国工作機械工具業界の輸入総額は69.5億ドルで、同20.6%下落した。輸出総額は70.3億ドルで、同9.2%伸びた。上半期の中国工作機械工具業界の輸出入は史上初めて黒字となりました。データを見ると、輸出の増加と輸入の減少が主な原因です。輸出の増加は業界が積極的に国際市場を開拓する長期の努力の結果を反映しています。消費市場は、データによると、2014年の中国のロボット市場規模は34.8億ドルで、2018年は72.1億ドルに上昇し、2019年には86.8億ドルに達するという。

(編集する:admin)

(この記事のキーワード:2019上半期の中国の工作機械工具業界の利益総額は小幅に下半期の市場需要を低減し、レベルアップ態勢を)